10月28日(水)Goto群馬 DAY2

1日目の模様はこちらから!


趣しかない長寿館で迎えた朝。

もちろん 気持ち良く朝風呂から!


寝て起きても 朝から変わらず
温泉が懇々と湧いてる。

なんて贅沢なのかしら。


昨日は暗かったから?

いや、舞い上がっててて気づかなかった

鹿?やら小動物がお出迎え。


こ…怖いわ(´Д`|||)


そしてお風呂の後は お楽しみ朝ごはん〜

とにかくお米が美味しい!


それもそのはず お隣、日本有数の米所 魚沼産。

今まで 多古米が最高だと思っていたけど

これは敵わん。

いや、炊き方の問題かも?


長寿館の中に 化石やら何やらの展示がありじっくり館内散策。


ご自由にどうぞの囲炉裏の部屋。
煙がモーモーと立ち込めて

ゲホッ!ゲホ〜ッ!!

中学の時のクラスメイトに

この煙の匂いする子がいて 思わず思い出しました。


時田くん。
あの時は 「焚き火の匂いがするー!」
つって散々 いじくり倒してしてごめんw


チェックアウトの準備しながら

お宿の周辺を散策。

朝はひんやりと

もう冬の匂いでした(´∀`)


チェックアウトした後は

昨日 コンビニの駐車場から見えた

赤谷湖の遊歩道に降りてみようとなって

展望台まで散策。

高低差 67メートル?!←適当!

上から見たらガクブルでした(;゚Д゚i|!)

無風のメンツル!

鏡のように紅葉が

桜の木もたくさん植えてあり

春もまた良さそうです!


今回 長旅と車中泊で若干お疲れのラッキーおじいちゃんも

しっぽフリフリお散歩満喫(*´∀︎`*)


そしてお次は このまま帰るのもアレだしってんで

ちょうど帰るついでのコースにあった

富岡製糸場に寄り道することに。


ちょっと前に世界遺産に登録されたのは

記憶に新しい所と思っていたけど

もうそれは2014年の話なんですね。早っ。

いろいろ展示されてはいるんですけども

ぶっちゃけ 見てるだけでは何が何だか!

というわけで、

案内ガイドツアーに参加しました。


こちらが 歴史の教科書でよく見る繰糸所。

通路に柱を立てない建築方法らや

当時は電気がないから

明かり取りの窓ガラス、

換気の為の屋根の窓などなど…

真夏は地獄やな(*Д*)ノ


日曜休み制度や

能力による昇給制度など

現在の就労システムが

日本で初めて取り入れられた企業と言われているそうです。


1872年の創業から

機械製糸の普及と技術者育成という目的を果たし

1894年には 民間に払い下げされ

三井家、原合名会社を経た後、

1938年 片倉製絲紡績に合併されました。


富岡製糸場で生産された生糸は

世界で「最高級品」として認められ

輝かしい奇跡を残してきましたが

その後の生糸価格の低迷、繭の不足、

化学繊維の普及によるシルク需要の低迷、

安価な輸入品の増加により日本の製糸業は衰退していきます。


そして1987年

富岡製糸工場は 創業から115年

その長い歴史に幕を閉じ….


ガイドのおじいちゃんの

声のトーンが心地よくて

座って聞いてたら爆睡できそうでした(´-`).。oO


てか、1987年て

ほんとつい最近ですよね?

歴史を身近に感じることができました。


明治だ大正だって

ワタクシからすれば 本当に実際したのかも

ピンと来ない歴史の中の話だけど

そのうちすぐに現れるであろう

令和生まれの大人からすると

昭和やら平成も同じ 感覚になるんでしょうね。


まわるーまーわるーよじだいーはーまわるーぅー♪


つって!


腹減った!


ってことで 富岡製糸場の目の前にある

うどん屋さんにて 遅めのランチ。

豚の角煮うどん♡

鰹だしのおつゆに 角煮入れると

沖縄そばみたいな味なることが判明。


成分一緒だからそりゃそうか。


Goto群馬 美味しかった!( ´ ▽ ` )ノ


♡ランキン押してくださいませ♡




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。