スリランカ サーフトリップ @1日目

1月30日(火)

Surf day6

とゆーわけで やってきました!

スリランカ!

朝は6時に起きて

まずはホテル前 ミリッサをチェック。

昨夜に到着した時はすでに真っ暗で

全貌が全くわからなかったけど

これまた写真で見た通りの

ナイスロケーション!

が、しかし残念ながら割れておらず。

しばらく波チェックしていると

隣の部屋のご夫婦も 日本人サーファーで

「昨日までは 胸位あったんですけどね!」

でたよ….

「朝イチは良かった」に続く

昨日は良かった(๑ ˭̴̵̶᷄൧̑ ˭̴̵̶᷅๑)

彼らは ヒッカドゥワまで 移動するとのこと。

むぅー。

混雑で有名なヒッカドゥワか….

3分位 どーでもいい 思案した結果

手軽な三輪タクシー

トゥクトゥクで移動できる範囲で

ポイントチェックすることに。

ホテル前には数台のトゥクトゥクが

常に待機しており

交渉の結果 1ラウンド2500ルピーで

ポイントチェックの移動と

入ってる間も 待っててくれるって!

ドライバーさんのディネスくんと

初めてのトゥクトゥクサーフ!

スリランカの運転は荒いと聞いていたけど

ワタクシ的には 意外とそうでもなかったです。

ただ、たまに車が路肩で横転してたり

道路の真ん中で タイヤ外れてるトラックが止まってたり

やる時はやりますって感じ。ハンパねー。

15分ほどで ウェリガマ。

鵠沼みたいな広いビーチで

この日は サーフィンスクール日和。

ここも波が上がれば いい波立ちそうな雰囲気でした。

お次、ココナッツビーチ

基本 ヨレヨレ 若干まとまりなく

マックス良さげでこれ。

もう1つ候補があるというので

せっかくなので 移動、

お隣の カパラナビーチ。

こちらも サーフィンスクールやら

レンタルボードやらのショップが並んで

なかなかリゾート感溢れる感じでしたが

結局 最初に見たココナッツビーチに戻るとゆーあるある。

今となっては あまり覚えてないのですが….

千葉で言うと

潮が多い時の一宮!爆

割れる割れる詐欺祭りで

2本くらいしか乗れなかったとゆー。

しかも、その2本も

別に….

ってゆーやつね。

要するに 惨憺たるアレだったはず。

初日で 海パンタッパで入れる

幸せに浸っていただけのように思います。

いや、その幸せ デカイでしょ!

そんな 小さな デッカい幸せをかみしめつつ

ひとまず ミリッサに戻ってホテルでダメ人間タイム。

そうそう、バリみたいに

各ポイントにワルンがあって

すぐに飲める環境ではないんですよね。

そして、ダメ人間のくせに腹は減る!つって

シーフードカレー。

さすが本場味!

インド料理屋のまさにアレ!

おいすぃー((o´ω`o)ノ

しばし 休憩の後

2ラウンド目にゴー((o´ω`o)ノ

依然 ミリッサには波は無く

またもや ディネス君のトゥクトゥクのお世話になることに。

午前中と同じポイントをチェックし

午後は カパラナで入ることにしました。

安心安全のビーチブレイク。

インサイド寄りのダンパー風味でしたが

ポイントブレイクと違って密集することもなく

テイクオフできるだけでも

ヒャッホーってもんです。

なんせ1ラウンド目は 「別に… 」が、

2本でしたから…(๑ ˭̴̵̶᷄൧̑ ˭̴̵̶᷅๑)

さらに ここは

どちらかというと ビギナーの域にも入らない

海水浴の延長レベル?の 方が多くて

みなさん 思い思いに

ぶっ刺さったり 立ちゴケしたり

パイ乙ポロリしても 気づいてないので

教えてあげて大爆笑とかw

おい!そこは 乳首が惜しけりゃ

巻かれてる間に確認点検、納めるのが優先で

息継ぎは二の次だぞ!!

他人とは思えない方々が

いっぱいでした(*´・∀︎・)ノ゙

なんやかんやワタクシ

ダラダラした波で 置いてかれるより

ぶっ刺さっても 多少 掘れてる波が楽しいと再確認w

帰り道 ちょっと気になった

お魚マーケットに寄り道。

  

産地直送、新鮮!30℃の常温保存!

あったまる前に食べてね♡つって。

ハエだけには 気を使って 叩いてくれます。

一応。

イラブチャー こと、アオブダイ。

沖縄以来、久しぶりに見ました。

酢味噌からの刺身で食べたいけど

なんせ常温保存。

危険が危なすぎる!

基本 ここは地元の人が買って帰るというより

ここで注文して その場で焼いてもらって

ビーチで食べるお店でした。

なるほどー。

Wi-Fiがスロー過ぎて

ここまで書くのに2日がかり…(๑ ˭̴̵̶᷄൧̑ ˭̴̵̶᷅๑)

夜につづくー(*´・∀︎・)ノ゙

♡ランキンおーしーてー♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。