南台湾@まとめ備忘録

とゆーわけで

誰に頼まれたわけでもないけど

南台湾サーフトリップ備忘録まとめです。

また次回 忘れちゃうので。

  • 飛行機

今回はバニラエアで 高雄まで行きました。

前回 2度と乗らないと誓ったハズだったんですけど

時間的なアレで仕方なく。

預け荷物もなく

身一つで行くなら バニラが安いけど

スーツケース、サーフボードがあると

チャイナエアラインとほぼ変わらず。

いや、むしろチャイナエアラインで

北海道から来たサッちゃんの方が安いぐらい。

間違いなく

チャイナで いっチャイナ!!

うほん。

それはともかく

サーフボード持って 成田空港

第3ターミナルまでの道のりが険しすぎる件。

第2ターミナルから 連絡バスに乗るんですけど

サーフボードは かなり強めに見られます。

「すみません!あ!すみません!」

何回言ったことか。

飲みかけのビール持ち込んだら

ダメだと言われるし

ボールペン貸してったら

100円で販売しております!と言われるし

お水は 小さいペットボトルで200円です!だし

あーもぅ!!

ってなりました。

  • 気候

冬の南台湾は初めてだったので

23度とか言われてもピンと来ず。

晴れれば 半袖短パンオッケー。

晴れても 問題は風!

滞在期間 北〜北東の風が毎日強く

パーカーやウインドブレーカー的なものがないとキツイ!

夜 街をうろうろするにも

羽織りものないと辛いかな。

大晦日の夜市も爆風でした・・・(´;ω;`)

  • ウエット

ほとんどの人がジャーフル。

めんどくさがりの方で 長袖タッパ。

脱ぎたがりの方で パンイチ。

脱ぎたがりの方は

だいぶ 震えてましたけど。

ワタクシはジャケット、ロンジョンでちょうど良かったですが

最終日は なるべくウエット濡らしたくないんで

諸先輩方同様、震えるの覚悟で

ジャケット&パンイチで入りましたが

あれ?言うほど寒くないじゃん??

この件に関しては

「ミートテックってすげえ!!」

としか言いようがありません。

  • ガイド

今回も

KanziSurf

空港送迎、ホテルの予約

ティムに全てお任せしました。

ティムに限らず台湾のガイドさんは

バリのように

海の中までべったり一緒で

いい波プッシュしてくれて

他を寄せ付けない ゴーゴー♪言ってくれて

至れり尽くせり〜っ♪

を、イメージしてると

え??

ってなるかもしれません。

カレントの注意とか エントリーとか

教えてくれるけど

一緒に入らない時の方が多いし

サイズがあれば それなりにゲットもハマるし

ポイントブレイクと混雑で

お呼びでねーわって日もあります。

ある程度 日本で

折れない心を培ってから来た方が

楽しめるかもしれません。

30分で 砂浜体育座りした

ワタクシが言うのもアレですけど。

ポイントはいろいろ悩んで

あちこち移動してくれるので

波さえあれば、どこかで入れるかと。

食事に関してはティムのお店のセレクトはハズレなし!

似たようなお店がいっぱいあるけど

やはりその中でも

美味しいお店に連れていってくれます。

今回は 波はありすぎるくらいあったけど

とにかく風が強かった!!

この時期の北東風は時期的に仕方ないみたい。

まあ。そんなのは天候の確率の問題で

無風な日もあるんだろうけど…

この時期 また行くか?ったら

むむむむ…..╭︎(ಠ_ಠ٥)╮︎

です。

まずは 日頃の行いを悔い改めるところからか…。

♡ランキンおーしーてー♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。